Skip to content →

Bioresonance Labとは

周波数

近年研究が盛んになっている量子物理学。マックス・プランク(※1)などこの分野における歴代の研究者によって、この世に存在する全ての物質は、固有の周波数をもち振動していることが証明されています。

それは人にも当てはまり、つまり人の臓器や細胞、DNAなど全ての部位は、特定周波数の波動(振動)で形成されている、ということが言えます。しかもこれらは人種や年齢、性別には関係がないことも研究で明らかになっています。

しかし、ある部位が乱れたり傷つくことで、本来(正常)の働きができないと、個々の特定周波数が乱れ、その乱れがゆくゆくは疾患などに繋がると考えられています。言い換えると、ほとんどの人は身体に何か一つは悩み・疾患があるものですが、それに少しでも関連している部位の周波数は乱れている、という事が言えます。

こういった考えに基づいた医療や施術は波動医学と言われ、ロシアやドイツなどでは人々に認知されています。

Bioresonance Labは、波動医学をふくめ、波動・周波数を活用した医療・ヘルスケアの有効性を研究し、その情報を整理することで、様々な悩み・疾患を抱える方々のQOL向上に貢献します。

特に私たちが注目しているのは、波動・周波数とテクノロジーのシナジーです。

いま世の中は日々一刻、IoTやAI、画像解析といった最新テクノロジー技術によって、これまで不透明であった、身体の問題・乱れを可視化できる(客観的に数字などで状態が示される)ようになってきています。では、こういった取り組みがなぜ重要であるかというと、それは、身体の状態を可視化することが、悩み・疾患の改善率を高めることに繋がるからにほかなりません。

波動・周波数と最新技術によって身体を可視化し、悩み・疾患を抱えている方々の日々の対策の質を高めること。それがBioresonance Labが目指す世界です。

※1 – Max Karl Ernst Ludwig Planck