Skip to content →

『健康からだ予報』内容まとめ

宇宙に存在するエネルギー不調はエネルギーのアンバランスにより生じる(p20-)

 この宇宙はすべて同一の法則、同一のエネルギーから構成されています。つまり人間の体も同様で、「物質体」であると同時に「エネルギー体」としても存在しているのです。そのエネルギーが何らかの理由でバランスをくずしたとき、人間の体は不調に傾いていきます。
 この世界に存在するすべての物質は、それぞれ固有の周波数(振動数)を持っていて、それは人間や動物のそれぞれの筋肉や臓器にも同じことが言えます。そして、その周波数の乱れが体の不調や病気を引き起こすと考えられており、健康なとき、体調をくずしているとき、病気のときとでは周波数は大きく異なります。
 逆に言えば、物理的に解明された体の各部位の周波数を特殊な超低周波音を用いて共振共鳴させ、正しい周波数に調律することで、本来あるべき状態に調えることができます。これがニュースキャンをはじめとする波動機器による健康法です。この考え方のもとにあるのは、最先端の量子物理学と、「東洋医学」や「アーユルヴェーダ」などの伝承医学です。

「健康からだ予報」―”気づく”ことから始める健康管理(p21-)

 ニュースキャンは、治療機や医療機器ではありません。病気を治すことは重要ですが、そもそも病気にならないことが、一番重要なのです。

 この波動機器は、超低周波音(1Hz~9Hz)により、全身を衣服着用のまま、ヘッドホンを装着するだけで、体を簡単に、しかも短時間で総合的にチェックし、有益な健康情報をもたらします。
 臓器や骨など体の各器官には、それぞれが共鳴する固有の周波数があります。これは細胞の働き(互いの情報伝達)に関係していて、健康な細胞同士がそれぞれ連携しながら脳に情報を伝えることにより、私たちの健康は保たれています。
 この細胞同士の情報伝達が、何らかの要因によりうまくいかなくなった状態を続けていると、病気へと傾いていってしまいます。ニュースキャンでは、そうなる前に未病の段階でセルフメンテナンスしていくことを目指しています。
 ニュースキャンは、日々の生活の中での心や体の状態をパソコン画面上に視覚的に映し出し、「このままの生活を続けていくと、こうなりますよ」、あるいは「ここを強化すると、もっと心や体は元気になりますよ」と、まるで天気予報のように、未来の体の健康レベルを予報してくれる新時代の健康機器です。
 天気予報を参考にして、傘を携帯していくように、ニュースキャンによる「健康からだ予報」は、未来に続く健康のための”傘”となるでしょう。

人体は神秘のかたまり 「自然に治す力」を持っている(p25-)

 ニュースキャンの基本にあるのが、人類を含む宇宙すべての物体には、それぞれ固有の周波数的構造があるという考えです。池に石を投げ入れると波紋が広がるように、細胞もその周囲にごく弱い「波」を放出しています。この「波」の放射は、細胞の周波数的構造の情報を含んでいて、それは、細胞同士がいかに情報交換するかに影響を与えています。人間が「健康」と呼んでいる状態は、この細胞間の情報交換が正しく機能している状態と言ってもいいでしょう。
 ニュースキャンが目的としているのは、「人体の自己回復力や恒常性のサポート」です。つまり、人間が本来持つ「治る力」を引き出していくのが、ニュースキャンが目指すところです。

ニュースキャンの根幹となる考え方 「東洋医学」と「アーユルヴェーダ」(p96-)

 「ニュースキャン」は、ロシア人科学者たちが近代テクノロジー技術の粋を結集した測定機器です。その目的は、人間の自然治癒力や恒常性(ホメオスタシス)の能力をサポートすることにあります。自然治癒力や恒常性を考える上で、基盤となっているのは、古来伝えられるインドの「アーユルヴェーダ」や、中国の陰陽五行などの「東洋医学」の考え方です。

人体は偉大なるコミュニケーションシステム(p116-)

 ニュースキャンでは、「人体は多様な周波数を発し合いながら成り立つ、偉大なるコミュニケーションシステムである」という考え方を取り入れています。
 
 ピアノの「調律」をご存知でしょうか?
 工場で造られたピアノは、長い間演奏されているうちに、少しずつ音(周波数)がずれてきてしまいます。そのため、最高のパフォーマンスが出せるように、定期的に「調律師」によって音を元の状態に調律する必要があるのです。
 人間の体にも同じことがいえます。
 体は、生まれてからずっと、メンテナンスもせず使いっぱなし。本人の気づかない間に、周波数がずれていってしまっているのです。この周波数のズレを調律してくれる「調律師」が、ニュースキャンなのです。

すべてのものには固有の周波数がある(p118-)

 この世に存在するすべてのものには、固有の周波数があります。
 これは、物質を形成している最小単位である原子の周りに電子が存在し振動しているので、その集合体である物質もそれぞれ固有の周波数を持っているという考え方です。これは現代の量子物理学においては、すでに常識であり定説であるといわれています。
 私たち人間の体も物質として存在する以上、各臓器が固有の周波数を持って存在しているのです。
 もう少し正確に言うと、各臓器自身の周波数というより、各臓器に固有の「エネルギー場」としての周波数が存在しているのです。このエネルギー場は、物質を形作るための”鋳型”として存在しています。この鋳型が乱れることにより、物質としての肉体が影響を受けていくという考え方です。
 また、その固有の周波数を調べていくことで、今の時点での体の状態を知ることができるのです。ニュースキャンのプログラム内には、さまざまな周波数の情報が入っています。
 その周波数とリサーチした人の体の周波数を比較し、体の状態を類推していくことができるのです。

Published in 本の引用まとめ

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です