Skip to content →

【TED翻訳】ガンを粉砕する共鳴周波数 – アンソニー・ホーランド

周波数と医療・ヘルスケアについて語るうえで、外せない人物といえば、1930年代にアメリカで研究をしていたロイヤル・レイモンド・ライフ(Royal Raymond Rife)氏でしょう。弾圧されたとも噂される彼の研究結果は、残念ながら世の中に広く知られる事はありませんでしたが、それから約80年の年月が過ぎた現代において、別のアプローチで彼と同じことを述べる人が現れました。

2013年12月、世界的に有名な講演会であるTedに登壇したアンソニー・ホーランド(Anthony Holland)氏は、淡々と自身の研究結果を発表しましたが、その内容はかつてライフ氏が研究していた内容と驚くほど似ています。

どこかに日本語訳が無いか探してみたのですが、見つからなかったので、自分で翻訳しました。とはいえ英語がすごく得意というわけではないので、ところどころ訳に間違いがあるかと思います。ただ、何となく発表内容が伝われば、という思いで翻訳しました。ご了承のうえ、読んで頂ければと思います。

Usually, I would be standing on this stage over here, conducting the college orchestra, because I’m a music professor.

本来であれば、私は音楽教授なので、このステージに立ち、大学のオーケストラを指揮しているでしょう。

But tonight I’m going to talk about my moonlight activities in the field of science and how they led to a cancer research lab and an important breakthrough.

しかし今夜は、私のもう一つ別の、科学の分野での取り組み、そしてそれらがどのようにしてガン研究ラボにつながったのかという事と、重要な新発見についてお話しようと思います。

Over the past eight years, I’ve had the great pleasure of working with some brilliant and dedicated scientists. They were very open-minded, and we had a common dream: that in the future, children would not have to suffer from cancer or from the terrible side effects of toxic drugs or radiation, because we believed there just had to be a better way. There had to be a better way, and we think we may have found it.

過去8年間、私は何人かの素晴らしい献身的な科学者と一緒に働くというとても幸せな機会に恵まれました。彼らは非常にオープンマインドで、私たちは共通の夢を持っていました。将来、子供たちは癌に苦しんだり、毒薬、または放射線の重い副作用に怯えなくても良い、なぜなら、そこにはより良い方法があるに違いない、と信じていたからです。そう、より良い方法、そして私たちは既にその方法を見つけたと考えています。

A scientist said, “You’re killing more cancer cells than as if you had used radiation.” That same scientist went on, “If you had spent millions of dollars developing a new drug that killed this many cancer cells, it would be a home run.” This was an astonishing thing to hear, especially for a music professor who had just completed his first experiments in a cancer lab.

ある科学者はこう言いました。「まるで放射線を使用していたかのように、より多くの癌細胞を殺せている」と。続けて、「もし、これほど数多くの癌細胞を殺せる新薬を作るのにあなたが数百万ドルを費やしていていたなら、きっと大成功していたでしょうね」。この事は、がん研究ラボで初の実験を終えたばかりの音楽教授にとっては、とりわけ驚くべきことでした。

But we didn’t use any radiation. We didn’t use any drugs. So what did we do? I have here two identical tuning forks, both tuned to the note A, the note an orchestra tunes to. These forks are both made to vibrate 440 times per second. We say their frequency is 440 hertz. If I tap this fork, putting little pulses of energy into it, the second fork will also vibrate in sympathy, and if I silence this fork, we just may hear the other singing its tone.

しかし、我々は放射線を一度も使用しませんでした。一切の薬物も使用しませんでした。では何をしたのか?ここに2つの同一の音叉があります。どちらも楽団が調律する音階、ラの音に調律されています。これらの音叉は、どちらも毎秒440回振動するように作られています。つまりこれらの周波数は440Hzということになります。さて私がこの音叉を軽く叩いて若干のパルスエネルギーを中に入れると、2つ目の音叉が共鳴して振動します。そして、私がこちらの音叉を静かにさせると、もう片方の鳴っている音が聞こえるかと思います。

We say that I’m inducing a sympathetic resonant vibration in the second fork. It only works because both forks are tuned to the exact same frequency. Now many of us have seen this very charming young man on the Internet who shatters crystal glasses with his powerful voice. But if you watch him carefully, you’ll see that first he taps the glass with his finger and listens. The glass sings its natural resonant pitch. Then he takes a deep breath and sings a loud, long note. He induces a resonant vibration in the crystal glass. The vibration grows larger and larger and larger until the glass is shattered.

つまり、二つ目の音叉において共鳴振動を引き起こしているということが言えます。これは、両方の音叉がまったく同じ周波数に調律されることによってのみ機能します。最近では、私たちの多くが、インターネット上で、とっても可愛らしい少年が、自身の力強い声でクリスタルグラスを破壊するのを見かけた事があるかと思います。しかし、彼を注意深く見ると、初めに指でグラスを軽く叩き、聞いているのが分かるでしょう。グラスから自然な共鳴音がします。次に彼は深呼吸をし、大声かつ強音で歌います。彼はクリスタルグラスに共振振動を誘発します。グラスが粉砕されるまで、振動はどんどんと大きくなっていきます。

On the other end of this scale, we have a giant bridge made out of concrete and steel, a suspension bridge, the Tacoma Narrows Bridge. Cars, and trucks, and busses are going over it every day. Unfortunately, where they built this bridge, there was a steady wind blowing across it, and one day, this wind induces a small vibration in the bridge, hardly noticeable, but the frequency of the vibration matches the resonant frequency of some part of the bridge, and the vibration gets larger and larger and larger until the bridge collapses into the river below. A destructive resonant frequency.

このスケールの真逆にあるものとして、コンクリートと鉄でつくられた巨大な橋、吊橋、タコマナローズ橋があります。毎日、車やトラック、バスが行き来しています。残念なことに、この橋が建ったところには、吹き抜け風が絶え間なく吹いていました。そしてある日、この風は橋に、ほとんど目に見えないほどの小さな振動を誘発しました、しかし、その周波数の振動は橋のいくつかの部分の周波数と一致し、下の川に崩れ落ちるまで、どんどん、どんどんと大きくなります。破壊的な共鳴周波数。

So on one end of the scale, we have a giant concrete and steel bridge destroyed by resonance and on the other, we have a small crystal glass, shattered. So maybe we could shatter something even smaller, something really small, something you would need a microscope to see. Maybe we could shatter a living microorganism.

つまり、一方のスケールの一端では、共鳴によって破壊された巨大なコンクリートと鋼の橋があり、もう一方では、粉砕された小さなクリスタルグラスがある。なので、恐らく私たちは、何かさらに小さなもの、本当に小さなもので、顕微鏡で見る必要があるものも粉砕できるかもしれない。もしかすると、生きた微生物を粉砕することも可能かもしれません。

But to do that you’d need some sort of theory to serve as a basis. And we find that basis in a wonderful book called “The Rainbow and the Worm: The Physics of Organisms“, by a scientist, Mae Wan Ho. And that book makes a very strong case that living organisms and cells are liquid crystals, or in the least, they have many properties of liquid crystals.

しかし、そうするには基礎として役立つ何らかの理論が必要です。そこで、私たちは科学者であるメイワンホーの著書『虹と虫〜微生物の物理学〜』という素晴らしい本の中にその基礎を見つけます。そしてその本は、生きている微生物や細胞は液晶であるか、少なくとも、液晶の多くの特性を持っているということを実に明確に主張しています。

Now, we are all familiar with liquid crystals because they are in our laptop, computer screens: LCD display, Liquid Crystal Display. And we can change the qualities of the liquid crystals in our computer screen by sending special electronic signals to it. We can change the color and the shape on the screen with these signals.

今日では、私たちにとって液晶は、ノートパソコンやコンピューター画面のLCD、液晶ディスプレイの中にある液晶を通じて、身近な存在となっています。そして特別な電子信号を送ることによって、液晶画面の液晶の質を変えることができます。つまり、これらの信号によって、画面の色や形を変えることができます。

So maybe we could change a biological living liquid crystal with a special electronic signal. But in order to do that, we would need some kind of device. So we searched the US Patent database, and we found this invention by a physician Dr. James Bare of Albuquerque, New Mexico. It’s called Resonant Frequency Therapy Device, and its purpose is to induce a resonant vibration in a living organism or a cell.

なので、恐らく、私たちは特殊な電気信号で生きている生体の液晶を変えることができるかもしれません。しかし、そうするためには、何らかのデバイスが必要です。そこで、米国の特許データベースを検索し、ニューメキシコ州アルバカーキにいる医師、ジェームス・ベア先生によるこの発明品を見つけました。共振周波数治療装置というもので、目的は、生物や細胞に共振振動を誘発することです。

And there are two really important things about this device. The first is that it uses a very special kind of antenna: they take a hollow glass sphere, they evacuate the air, they put in some helium gas, and when we send in our electronic signals, the helium gas lights up like a fluorescent light. An electrified gas is called a plasma, so this is called a plasma antenna. And it has many special properties uniquely suited for this kind of work.

そして、このデバイスに関してとても重要なことが2つあります。 1つ目は、非常に特殊な種類のアンテナを使用していることです。中空のガラス球がついていて、空気を排気し、ヘリウムガスを入れます。そして電気信号を送信すると、ヘリウムガスが蛍光灯のように点灯します。電化されたガスはプラズマというので、つまりこれはプラズマアンテナといいます。そして、このプラズマアンテナは、こういった働きに対して比類なく適応している多くの特殊性をもっています。

The second important aspect about Dr. Bare’s invention is that the output always pulses: it’s on, it’s off, it’s on and it’s off. This is very important, because when you’re doing research on the effects of electromagnetic waves on living organisms and cells, if the signal is constantly on, you’re in danger of inducing heat in those cells, and heat causes indiscriminate destruction. We don’t want that. We want targeted destruction.

ベア先生の発明品に関する二つ目の重要な点は、必ず出力操作によってパルスを発するという点です。オン、オフ、オン、オフといったように。これは非常に重要なのです。なぜなら、電磁波が生物や細胞に及ぼす影響について研究しているときに、シグナルが常にオンになっていると、それらの細胞に熱を誘導する危険があり、その熱によって無差別な破壊が起こるからです。私たちはそれを望んでいません。ターゲットを絞った破壊が良い。

So, we don’t have to worry about heat. And now, we go to the biology laboratory. And we take Dr. Bare’s device and the hunt begins through a microscope for a frequency which will shatter a living microorganism. Now we have a method of controlling Dr. Bare’s device by an input control frequency. So if I put in, say, 100 hertz, out will come 100 pulses per second. If I put in 200 hertz, I will get 200 pulses.

なので、熱を心配する必要はありません。さぁでは、生物学研究所に行くことにします。そしてベア先生の装置を取り出し、追跡は生きた微生物を粉砕する周波数を求めて顕微鏡から始まります。ここで、入力制御周波数によってベア先生のデバイスを制御する方法があります。なので、もし私が、例えば、100Hzを入力すると、毎秒100パルスが出ます。もし私が200Hzを入力すると、200パルスを得ることになります。

So now we’re searching for the magic frequency, and we start with 100 Hz, and we look through the microscope to see if anything is happening. We watch for five minutes. Nothing happens.

いま、私たちは魔法の周波数を探しています。100 Hzから始めて、何かが起きているかどうかを顕微鏡で調べます。5分間観察する。何も起こりません。

So we try 101 Hz. We look through the scope for five minutes, and nothing happens.

次に101Hzを試してみる。5分間スコープを調べます。何も起こりません。

So we try 102, 103 and so on. Over the course of 15 months, we try hundreds and hundreds of frequencies, if not thousands, until we find the magic combination. The answer is you have to have two input frequencies — one low, one high — and the higher frequency must be 11 times the lower. It’s what we, musicians, would call the eleventh harmonic. When we add the eleventh harmonic, we begin to shatter microorganisms like a crystal glass.

次に、102,103などを試してみます。15ヵ月の間、私たちは魔法の組み合わせを見つけるまで、ものすごい数の周波数を試します。その答えとしては、2つの入力周波数、1つは低く、もう1つは高い入力周波数が無ければならず、高い方の周波数は低い周波数の11倍でなければいけません。それは音楽家が属11の和音と呼ぶものです。 その属11の和音を加えると、クリスタルグラスのように、微生物が粉砕され始めます。

These are the first videos taken. We showed these videos to our friends in the Biology department. They said they hadn’t seen anything quite like it. Seems to be a new phenomenon. These organisms are being shattered by our electronic signals. This is a harmless organism, almost friendly, a little blepharisma. Normally, they’re very fast swimmers, but when you approach a frequency to which they are vulnerable, they begin to slow down, then they stop, and then they begin to disintegrate within about three minutes.

これらは最初に撮影されたビデオです。これらのビデオを生物学の分野の友人に見せました。彼らは、そのようなものはこれまで一度も見たことがないと言いました。新しい現象のようだと。これら生物が私たちの電子信号によって粉砕されています。これは無害な生物で、ほぼ害を及ぼさない、小さな繊毛虫です。通常、彼らは非常に速く泳ぎますが、彼らが傷つきやすいような周波数を近づけると、減速し始め、停止し、そして約3分以内に崩壊し始めます。

So now we know we can destroy a microorganism, and the question comes up, “But can you target a specific organism with a specific frequency?”

これで今はもう微生物を破壊できることが分かりますね。次にこんな疑問が出てきます。「特定の周波数で特定の生物を狙うことができるのか?」

So in this next video, you’ll see a large organism in the center, a paramecium undergoing disintegration, and swimming all around it, a tiny different organism which is unharmed. If we’re lucky, we’ll also hear the audio as I narrate the experiment live in a noisy lab.

そこでこの次のビデオでは、中央に大きな生物、崩壊しているゾウリムシ、それにその辺り一帯を泳いでいる、とても小さな無菌生物が見えるかと思います。運が良ければ、騒々しいラボで実験の中継をしているときの音声も聞こえるでしょう。

Perhaps you can see this sort of fireworks effect happening, in the growing blister to the right of the organism. And here comes a little neighbor, wondering what’s going on. He’s testing. And you can see blisters forming now on the lower left quadrant and upper left quadrant. The shape is now changing. And a major explosion at the top.

このような花火効果が起きて、生物の右側に水疱が成長しているのが見えるかと思います。そしてここに小さな隣人がやってきます。何が起こるでしょうか。彼はテスト中です。そして、左下象限と左上象限に水疱が形成されているのが見えます。形状が変化しています。一番大きな爆発。

So now we have some evidence that we can target specific microorganisms with specific frequencies. And we made several more videos, and we filmed the destruction of hundreds of microorganisms. About this time, we meet a cancer researcher, and we show them these videos. This results in an invitation to spend four months in a cancer research lab trying to shatter cancer cells. This is our setup in the lab. You can see the microscope with cancer cells on it. Here’s the plasma tube, and here is my little frequency control box.

私たちには特定の周波数が特定の微生物を標的にできるという証拠がいくつかあります。そこで、いくつかのビデオを制作し、数百の微生物の破壊を撮影しました。同じ時期に、私たちは癌研究者に会い、それらのビデオを見せました。この結果、癌細胞を粉砕すべく癌研究ラボで4ヶ月間を過ごしてもらうことになりました。これは私たちのラボの設備です。癌細胞が置かれている顕微鏡が見えますね。これがプラズマチューブで、ここに私の小さな周波数コントロールボックスがあります。

So first, we attack pancreatic cancer. Take a good look at this slide because the next one will look quite different. After we treat these cells, they change their shape and size, and they begin to grow long, rope-like structures out the sides. They look something like antennas. I call them bio-antennas, for biological antennas. It’s as if the cancer cells are trying to tune in to our signal.

まず最初に、膵臓癌を攻撃します。次のスライドはかなり違って見えるので、このスライドをよく見ておいてください。これらの細胞を処理した後、彼らはその形や大きさを変え、そして側面から縄のような構造で伸び始めます。何だかアンテナのように見えますね。私はこれらをバイオアンテナと呼んでいます。まるで癌細胞が私たちのシグナルに同調しようとしているかのようです。

It also turns out this is the beginning of a process of destruction for cancer cells. We now know that cancer is vulnerable between the frequencies of 100,000 hertz and 300,000 hertz. So now we attack leukemia cells. Leukemia cell number 1 tries to grow a copy of itself, but the new cell is shattered into dozens of fragments and scattered across the slide. Leukemia cell number 2 then hyperinflates and also dies. Leukemia cell number 3 then tries, to make another cancer cell, the new cell is shattered and the original cell dies.

それは同時に、癌細胞の破壊過程の始まりという事でもあります。最近では癌は10万Hzから30万Hzの周波数に脆弱であることが分かっています。では、ここで白血病細胞を攻撃します。番号1の白血病細胞は自身のコピーを増殖しようとしますが、新しい細胞は数十の断片に粉砕され、スライド全体に散在されます。次に番号2の白血病細胞は、急激にインフレーションが進み、やはり死します。次に番号3の白血病細胞は、別の癌細胞を作ろうと試み、新しい細胞が粉砕され、そして元の細胞が死にます。

But killing a handful of leukemia cells is not enough for a patient. What kind of numbers can we do? In repeated controlled laboratory experiments, independently essayed by the two top experts, we killed an average of 25% to 42% of the leukemia cells, as high as 60%. We also determined that we slow the growth rate of the cancer by as much as 65%. So, a double effect.

しかし、一握りの白血病細胞を殺すのでは、患者にとっては十分ではありません。どれくらいの数を殺すことができるでしょうか?二人のトップエキスパートによって、くり返し行われた研究室での実験と、それらを独自にまとめた小論によると、60%もの高い確立で、白血病細胞の平均25%〜42%を殺しました。同時に、癌の成長率を65%も遅らせることが分かりました。なので、二倍の効果ですね。

Now we attack ovarian cancer cells. This is a more distant shot. Here you see brackets coming up around the cells, showing groups of ovarian cancer cells which are being destroyed.

今我々は卵巣癌細胞を攻撃します。これはもっと遠距離の写真です。細胞の周りにあるここの括弧の部分に、破壊されている卵巣癌細胞のグループがが示されています。

You can see by the end of the video that great many ovarian cancer cells were destroyed. Now we attack pancreatic cancer once more. In the center of the screen is a clump of pancreatic cancer cells like a microtumor under the microscope. We turn on our electronic signals, and the tumor shrinks and is broken up. The cells are disconnecting, disaggregating; the opposite of forming a tumor. And some of the cells are destroyed.

ビデオの終わりまで見ると、非常に多くの卵巣癌細胞が破壊されたことがわかります。今度は膵臓癌細胞をもう一度攻撃します。スクリーンの中心には、顕微鏡下の微小腫瘍のような膵臓癌細胞の塊があります。電子信号をオンにすると、腫瘍は縮小して崩壊します。細胞は切断され、ばらばらになっています。これらは腫瘍形成と逆です。そして細胞のいくつかは破壊されます。

In our most recent work, we attack the deadly organism MRSA. MRSA is particularly dangerous because it’s resistant to many common antibiotics. Thousands of people die every year from MRSA. They have drugs for it, but they have very toxic side effects. We found that our electronic signals could actually eliminate antibiotic resistance in MRSA. Then, by adding a very small amount of a common antibiotic, we were able to kill MRSA and slow its growth rate.

私たちの最近の研究では、生物体MRSAを致命的に攻撃しています。 MRSAは多くの一般的な抗生物質の多くに対して耐性があるため、特に危険です。毎年何千人もの人々がMRSAで死亡しています。MRSAの為の薬はあるものの、毒性の高い副作用があります。私たちは、電子信号が、MRSAの抗生物質耐性を実際に排除できることを発見しました。そこに、非常に少量の一般的な抗生物質を加えることで、MRSAを死滅させ、増殖速度を遅らせることができたのです。

Since I was a 17-year-old high-school student with twin interest in both music and science, I never imagined the two would come together in a cancer research lab. I now believe that the future cancer treatment rooms for children will be a very different place. It would be a pleasant place where children gather and make new friends. They probably won’t even know they’re sick. They’ll draw pictures, color in their books, play with their toys, all the while unaware that above them are beautiful blue pinkish plasma lights emanating healing, pulsing electric fields, shattering their cancer, painlessly and non-toxically, one cell at a time.

私は音楽と科学の両方に興味がある17歳の高校生だったときは、癌研究ラボでこれらが一つになるなんてことは決して想像もしませんでした。今私は、将来の子供の癌治療室は、全く違った場所にあるだろうと信じています。それは子供たちが集まり、新しい友達を作る楽しい場所です。もしかすると、彼らは自分たちが病気であることさえ知らないかもしれません。お絵かきをしたり、色塗りをしたり、おもちゃで遊んでいる、同時に同じ部屋には、癒しになる美しいブルーピンク色のプラズマライトが彼らの頭上にあり、電磁場をつくり、痛みも毒性もなくガンを粉砕していることでしょう。

※ 英文の引用元: singjupost


アンソニー氏は講演の中ではライフ氏について言及はしていませんが、コメント欄には、ライフ氏について述べている方が多数います。「彼はどうしてライフ氏について触れていないんだ?」というコメントも見受けられますが、恐らくアンソニー氏はわざと触れなかったのでは、と思います。

それにしても、こういった内容がTEDという世界的に影響力のある場で発表されたことは、周波数と医療・ヘルスケアを考えるうえで、とても大きな出来事でしょう。それまで怪しい、科学的根拠がないといった言葉で弾圧・軽視されてきたライフ氏の主張が、今になって正しいという事が世に広まり始めました。この流れをうけて、医療・製薬業界が今後どんな反応をするのかは未知数ですが、恐らくもうこの流れは制圧することは難しいのではと思います。

数年後、私たちは様々な体の不具合や疾患を治癒するのに、周波数を取り入れることがよりポピュラーになっているかもしれない、と考えるとワクワクしますね!

Published in コラム

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です